• head_banner

100G CFP2

  • 100m 100G CFP2

    100m 100G CFP2

    CFP2-100GBASE-SR10モジュールは、標準のマルチモードファイバ(MMF、G.652)で100mのリンク長をサポートします。100ギガビットイーサネット信号は、4つの波長で伝送されます。4つの波長の多重化と逆多重化はデバイス内で管理されます。

  • 10KM 100G CFP2

    10KM 100G CFP2

    NS CFP2 LR4光トランシーバーは、送信パスと受信パスを1つのモジュールに統合します。送信側では、シリアルデータストリームの4つのレーンが復元され、リタイミングされて、1296、1300、1305、および1309 nmの中心波長を持つ4つの電気吸収変調レーザー(EML)を制御する4つのレーザードライバーに渡されます。次に、光信号は業界標準のLCコネクタを介してシングルモードファイバに多重化されます。受信側では、統合された光デマルチプレクサによって4レーンの光データストリームが光的に逆多重化されます。各データ蒸気は、PIN光検出器とトランスインピーダンスアンプによって回収され、リタイミングされて、出力ドライバーに渡されます。このモジュールは、ホットプラグ可能な電気インターフェース、低消費電力、およびMDIO管理インターフェースを備えています。

  • 40KM 100G CFP2

    40KM 100G CFP2

    100G CFP2 ER4光トランシーバーは、送信パスと受信パスを1つのモジュールに統合します。送信側では、シリアルデータストリームの4つのレーンが復元され、リタイミングされて、1296、1300、1305、および1309 nmの中心波長を持つ4つの電気吸収変調レーザー(EML)を制御する4つのレーザードライバーに渡されます。次に、光信号は業界標準のLCコネクタを介してシングルモードファイバに多重化されます。受信側では、4レーンの光データストリームが光学的に接続されます。DE多重化 統合された光デマルチプレクサによって。各データスチームはPINによって回復されます光検出器 と トランスインピーダンス 増幅器、 リタイム、および出力ドライバに渡されます。このモジュールは、 ホットプラグ 電気インターフェース、低消費電力、およびMDIO管理インターフェース。